前へ
次へ

損害賠償の範囲と注意点

損害賠償という言葉は誰しも耳にした事がある法律用語ですが、簡単に言うと違法となるような行為によって第三者から被った被害を、法律に基づいて対価として請求する事になります。
損害賠償が適用となる範囲に関しては非常に幅広く、日々の生活の中で起きたトラブルによるものや、怪我に至る行為や物損、交通事故によるもの、仕事上の取引によるものや、詐欺行為などが挙げられます。
損害賠償を成立させる為にはあくまでも、被害を被った側がアクションを起こし事実関係を立証していく事になりますが、法的解釈や相場など様々な面を考慮し、弁護士などの方の専門家に依頼して解決を図るケースが大部分です。
注意が必要な事は、損害賠償請求には三年と言う時効が設けられていると言う点になります。
しかしこれは、期間の経過イコールではなく相手側が時効の援用をして初めて成立する事ですので、もしも三年を過ぎたという場合にも立証し請求を行う事は可能となります。

Page Top