前へ
次へ

示談成立後に損害賠償を請求されたら

例えば、交通事故を起こし被害者と示談が成立したあとで、「後遺症が出たので治療費を払ってほしい」という損害賠償の要求があったら、どうすれば良いのでしょうか。
そもそも、示談というのは民事的な争いにおいて、裁判を介さず双方で合意が成立したことを指しています。
ケースにもよりますが、示談は互いに主張を譲り合う内容となることがほとんどで、民法では和解契約とみなされます。
一般的に、示談の際には示談書が交わされ、互いに合意事項に定めたもの以外は、債権および債務は生じない旨の項目が含まれます。
したがって、示談成立後に債権側が請求をすることは原則不可能となり、債務者側は要求に応じる必要はありません。
ところが、示談書の内容に、これから先に他の損害が出た場合には損害賠償請求ができるとあり、互いに合意をしていれば、賠償請求には応じなければなりません。
交通事故などの場合は、示談成立後に後遺症が出るケースもあり、その場合には別途請求ができるか協議の場を設けるという項目を明記することが一般的です。
その際、債権者側は後遺症の原因がその事故によるものだと、明らかにする必要があります。

Page Top