前へ
次へ

紳士録の掲載や購入に関する損害賠償

民間調査会社などは独自の調査による企業データベースを作成してそれを希望者などに販売しているようです。
大手調査会社などは企業名を掲載するにしても無料ですし、情報の購入に関して無理に迫ったりはしません。
一方一定の地位の人を掲載した書籍として紳士録と呼ばれるものがあり、特定の人にニーズがあるようです。
紳士録に掲載されるようになると社会的認知度があると感じている人もいるようですが、発行元がはっきりしないものもあります。
紳士録の掲載や購入に関してはトラブルが起きやすく、それに対する損害賠償ができるかどうかの問題もあります。
当初の登録自体は無料で行えるものの、それ以降の更新や削除が有料になりそれを請求され支払ってしまうときがあるようです。
その他登録時に紳士録自体の購入を迫られて支払った後にその代金を損害賠償として請求できるかがあります。
購入や登録、その他情報の削除などで自分の意思に反する部分があるときは払う必要はなく、支払っていたとしても返金してもらえる可能性があります。

Page Top